トヨタSAI&カムリ

ハイブリッド車で大ヒットしたプリウスの上位機種であるトヨタのSAI、アッパーミドルのハイブリッド専用のセダンで、つややかなラインが特徴です。レクサス車を手がけるトヨタが九州で生産しています。特徴はその内装で、上質な室内空間がつくられています。エゴプラスチックと呼ばれる素材を多様しており、ラグジュアリーな内装が魅力です。マイナーチェンジ前と基本は同型ですが、ハイブリッドの制御方法の変更や空力性能の向上で、22.4km/ℓの低燃費を実現しています。モーター最大トルク270N.mとなっています。

世界的に人気を博しているトヨタの代表的な車の一つであるのが、トヨタのカムリです。全長4823×全幅1825×全高1470mmと、大柄なボディが魅力です。大柄であるからゆえに余裕の空間と贅沢な装備が人気の理由です。トヨタ初のラインドスポットモニターを採用するなど、安全性も高いのが特徴です。モーター最大トルクは、214N•mとなっています。

カムリはトヨタにとって世界戦略社であり、同社が海外マーケットでシェアを握るための重要な車種となっています。海外のマーケットで受け入れられているカムリはトヨタにとって収益の屋台骨の一つとなっています。なお、SAI、カムリどちらの車も大柄な車種であるため、本体価格は300万円以上となっています。